ここから本文です

インフルエンザ予防接種補助制度

  • 「インフルエンザ予防接種」の費用補助を行っています。 インフルエンザ予防に是非、ご活用下さい。
  • 「インフルエンザワクチン」を接種すると「インフルエンザ」の発症や重症化を防ぐことができますが、ワクチン接種後、体がウイルスに対して「防衛力」を持つまでには「約2週間」 かかります。インフルエンザが流行する前に接種しましょう。

制度の概要

対象者 接種当日に被保険者・被扶養者資格のある方
接種期間 平成30年10月1日~平成31年1月31日
補助額 対象者1人につき上限2,000円
※2,000円に満たない場合は実費
※お子さんで2回接種の場合、2回合計2,000円まで補助

実施形態

下記AまたはBのどちらかを選択。

A. 東振協(※)が提携している全国の医療機関で接種

「一般社団法人 東京都総合組合保健施設振興協会(※)」が提携する全国の医療機関で接種でき、予め印刷した利用券を持参することで、窓口支払時に料金から補助金2,000円が差し引かれます。

補助金がその場で受けられることになるので、接種後、補助金申請の手間が省けます。

B. 最寄の医療機関で接種後、補助金申請書をテルモ健保に提出

要領 接種後に「インフルエンザ予防接種補助金申請書」に「領収書(原本)」を 添付し、(事業所総務経由)健保宛に提出。
申請書 インフルエンザ予防接種補助金申請書(Excel 33KB)
申請期限 平成31年2月8日(金) 健保必着。
※期限を過ぎたものについては、補助金の支給がされない場合がありますので ご注意下さい。
※海外駐在員の方は申請期限はありません。通年受付ます。
補助金支給 3月度給与支給日に一括支給
※3月度給与記事「健保給付金」欄でご確認ください。
その他 領収書には、「接種者氏名」・「インフルエンザ予防接種である旨」・「接種金額」・ 「接種日付」の記載が必要です。

その他

65歳以上の方は市区町村が期間を指定して実施します。(指定期間以外は任意接種)

費用は一部のみ自己負担、残りは公費となります。

詳しくは市区町村の窓口にお問合せください。

(慢性疾患などの持病によっては、60〜64歳の方も該当することがあります。)

※市区町村の補助を受けて接種した場合は、健保の補助は受けられません。