ここから本文です

海外で病院にかかったとき

  • 被保険者やその被扶養者が海外に在住中、または旅行中に病院にかかった費用は、後に申請し認められると、療養費として払い戻しが受けられます。
  • 海外の病院で発行された診療内容明細書、領収明細書に基づいて、日本国内の保険治療費におきかえた額が、後日海外療養費として支給されることになります。

給付に関する手続き

提出期限 すみやかに
提出書類
  • 療養費支給申請書(海外) 申請書 PDF/記入例 PDF
  • 診療内容証明書(日本語翻訳文を添付または記入のこと) 申請書 PDF
  • 領収書
  • 療養費申請チェックシート(海外駐在員又は帯同家族のみ提出) 申請書 PDF
申請ルート

被保険者 → 事業主 → 健保

給付内容

海外の治療内容を日本の保険治療におきかえ治療費総額を決め、治療費総額から個人負担金(窓口一部負担金)を差し引いた健保負担分を払い戻します。

※日本の診療報酬点数におきかえ算定するため、現地支払額を元にした金額が必ずしも払い戻されるわけではありません。

注意事項
  • 海外での急な病気やケガなどやむを得ない場合に限ります。
  • 「療養を目的のため海外に行き診療を受けた」、「日本の保険適用の対象とならない医療を受けた」場合は支給されません 。
  • 海外駐在員の場合は、「赴任先事業所で加入した保険、又は、日本で加入した海外旅行損害保険の適用を受けた」場合も支給されません。